フィードの例

提供される情報の種類

フィード(Feed)はWebサイトの更新情報を配信するものでしたが、 いまでは様々な情報を公開するのに用いられています。

フィードの例

サイト固有の新着情報 (一般)

サイト全般の更新情報から、ニュースサイトの新着記事、通販サイトの新着商品など、 サイトのコンテンツを提供している側による新着情報です。

サイト固有の新着情報 (掲示板など)

掲示板などユーザがコンテンツを作りだすタイプのサイトでは、 板ごとやスレッドごとなどに新着情報のフィードが提供されていることがあります。

ユーザ固有の新着情報

特定のユーザの行動に依存する最新情報も、 ユーザごとのフィードが提供されていれば取得することができます。 特定のブログの新着記事、ソーシャルブックマークにおけるあるユーザの新着ブックマーク、 あるユーザの最新のツイートなどが取得できます。

統計情報

定期的に計算されるランキングなどがあります。

検索語のランキングは結果がワード(単語)なので、 取得したワードで他の検索をしたり、他のフィードの情報を絞り込んだりすることが容易です。

検索結果

ショッピングサイトの検索、ブログ検索などで、検索結果の一覧をフィードの形式で取得できる場合があります。 これにより、Webサイトの更新をチェックするのと同じ枠組みで、 検索でヒットするものの出現状況をチェックすることができます。

はてな検索など一部の検索サービスのフィードは、Amazon が提唱している OpenSearch という規格に準拠しています。

その他 総合

フィードがみつからない場合

サイトにフィードのアイコンが見つからない場合には、ページのソースを見てみましょう。 head 要素内の link 要素に、RSS や Atom の URL が記述されているかもしれません。

ソースを見るのが面倒な人は、検出してくれるサービスを利用してもよいでしょう。

フィードがない場合

サイトでフィードが提供されていない場合、 まずは HTML から RSS に変換するサービスを試してみるとよいでしょう。 ただし、きれいな RSS が得られることは少ないので、あまり期待しないでください。

自分のプログラムで対処する場合、 HTML で記述されたWebページを処理することになります。 RSS と違いサイトごとに構造が異なるため、作り込みが必要です。 Webページが xhtml で記述されていなければ、 XML 用のライブラリも使えません。 また、プログラムからの Webページの取得を拒否するサイトもあります。 茨の道を覚悟しましょう。

フィードが異常な場合

フィードの処理がうまくいかず、フィード自体に問題の原因があると考えられる場合には、 フィードが正しいかを確認してみましょう。